女の敵!ニキビ跡とダイエットは適切な方法で解消しよう!!

女の敵!ニキビ跡とダイエットは適切な方法で解消しよう!!

1.ニキビは女性の敵です

女性は顔に化粧を施します。そのため顔には常に刺激が加わるのです。
この状況下でニキビを治療する穂は非常に難しいといえます、なぜならたいていの場合、ニキビは刺激を受けると悪化するからです。

顔にできたニキビをファンデーションで隠すことに必死になっている女性は少なくないはずです。しかし治療に専念しなければ、ニキビは簡単には治りません。ニキビはまさに、女性の敵といえます。
もうひとつ女の敵が存在します。それは脂肪です。世間的にはぽっちゃりした女の子の方がモテるなんて言いますが、男子の言うぽっちゃりは女子の言うぽっちゃりは全然違います。

結局男の人はスレンダーな女性が好きなんです。私もそうでした。男子にデブと言われダイエットを決意しました。私の場合はすっきりレッドスムージーというダイエット商品で成功させました。
詳しく紹介すると話が長くなってしまうのでここではやめておきます。代わりに私が参考にしたサイトにすっきりレッドスムージーや今注目のダイエットに関する情報が載っているので見てみてください。

口コミで評判のダイエットサイトはここから

ニキビもダイエットも正しい方法と適切な治療によって改善することができます。
少し話が反れましたがここからは本来のテーマであるニキビについて話していきたいと思います。

2.適切な対処をしないとニキビ跡ができてしまいます。

ニキビ跡を作る原因は、ニキビによる肌組織の破壊とメラニン色素です。
そのためニキビやその周辺の肌組織が破壊されるような行為を続けたり、紫外線カットを怠るとニキビ跡ができてしまいます。ではこれらの状況をもう少し詳しく見ていきましょう。

3.ニキビ跡にはいくつか種類があります。

ニキビ跡を治療するためには正しい処置を施さなければなりません。そのためにはまず、ニキビ跡の種類を見極める必要があります。
ニキビ跡は大きく分けると2つに分類されます。1つはクレータータイプ、そしてもう1つは色素沈着タイプです。まずクレータータイプのものですが、これはニキビが治った跡が凹んでしまうものです。

ニキビ、そして周りの皮膚が大きなダメージを受けたことで、コラーゲン組織が破壊されて凹みができてしまうのがこのタイプのニキビ跡です。そして色素沈着タイプのものは血管とメラニン色素が関係しています。
まずニキビによる皮膚の炎症や傷は血液によって運ばれてくる成分によって修復されます。そのためニキビやその周辺には治療を行うための毛細血管が張り巡らされます。

これが皮膚の赤みを生じさせるのです。ニキビが治った後に消える赤みもありますが、そのまま残ってしまうものもあります。これが赤いニキビ跡となってしまうのです。
またニキビに紫外線が当たると、そこにメラニン色素が生成されます。そのような色素は抜けにくく、これがニキビ跡となってしまいます。

赤い毛細血管の色とメラニン色素の色が混ざり合い、茶色のシミができてしまうのが特徴です。

4.それぞれ対処の方法が違います

クレータータイプのニキビ跡ですが、残念ながら自宅で治療するのは大変難しいとされています。
その理由はこのタイプのものは凹みが生じている部分のコラーゲン組織が回復されなければ治療できないからです。

顔の肌のコラーゲンを再生し、凹みを埋めることを個人で行うことはほぼ不可能です。しかし皮膚科で治療することは可能です。
治療法としては、コラーゲンを生成してくれる特殊なレーザーを当てるものや新しい肌組織の生成を助けるピーリング治療、そしてニキビ跡に直接コラーゲンやヒアルロン酸などを注入する方法があります。

これらの治療を行う場合、ビタミン剤を摂取したり規則正しい生活を送ることで、その効果を高めることができます。一方で色素沈着タイプのものは時間が経てば治るのが一般的です。
しかしその期間は人によって異なり、長い場合は数年かかることもあります。赤いニキビ跡は血管が透けて見えてしまうことが原因ですので、ニキビが感知して皮膚が厚みを増すことで消えてなくなります。

しかしメラニン色素によるものは、それが肌組織から排出されなければなくなりません。
そのためビタミンCを摂取するなどしてメラニン色素の排出を助けるようにします。またメラニン色素の沈着がひどい場合、皮膚科での治療を受ける必要があります。

治療法としては、ピーリングやレーザーによる色素排除が主です。またハイドロキノンクリームという漂白作用のある薬剤を用いてメラニン色素を排除する治療法も行われることがあります。

5.自宅で治す方法があります!

これまで考えてきたように、クレータータイプのニキビ跡はニキビやその周辺の肌組織が破壊されることが原因となります。
そのためニキビが炎症を起こした場合、それがひどくならないように心がける必要があります。ニキビは刺激することでますます悪化します。

そのためむやみに触ることがないように注意します。また小さなニキビを毟ってしまい、それが後々大きなニキビへと発展することがあります。またニキビを毟ること自体、肌組織を破壊していることになります。
そのためこのような行為は絶対に避けなければなりません。しかし白ニキビのように中に溜まっているものを排出したほうが治りが早いものもあります。このようなケースは例外です。

また赤いニキビ跡やメラニン色素によるものも同様です。基本は「ニキビを不必要にいじらない」です。
もしニキビをいじってしまい、その周辺の肌組織が薄くなってしまうなら、その下を流れっている血液が目立つようになります。

また赤くなった場所に紫外線が当たり、そこにメラニン色素が沈着してしまうのなら治りにくい色素沈着タイプのニキビ跡ができてしまいます。
顔にできたニキビは非常に気になるものですが、不必要に触ることがないようにするべきです。また普段から肌の調子を整える栄養素を摂取することも重要です。

得にビタミンCは肌に大きく働きかける栄養素です。メラニン色素の排出を手伝ってくれる重要な成分で、色素沈着タイプのニキビ跡予防に貢献します。
また肌は睡眠を取っているときに新しいものに生まれ変わりますので、十分な睡眠を取るように心がけます。そして顔の皮脂量を調節することも重要です。顔の皮脂は乾燥を防ぐ大切な役割を有しています。

しかしそれがたくさん存在するとニキビの原因を引き起こします。そのため適量の皮脂が顔に残るように心がけるのです。そのためには洗顔料や石鹸で顔を洗い過ぎないようにします。
皮脂を頻繁に洗い流すと、逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまうからです。こうした点にも注意することで、ニキビ予防とすることができます。